ミートイン(meet in)で営業電話からの成約率がアップ!!

「ミートイン(meet in)」というサービスをご存知ですか?

URLを作成するだけで、オンラインミーティングができるシステム「ミートイン(meet in)」。

この記事では、Web会議や商談に特化した便利な機能を持つ「ミートイン(meet in)」を、営業職の私が実際に導入し、どのような変化やメリットがあったのかをお伝えいたします。

ミートイン(meet in)を使う前の状態

全国の営業職の皆様、毎日営業電話で、お客様とのやりとりやアポイントの取り付けなどをされていますよね。基本的に会社の携帯電話やメールアドレスを持ち、頻繁に連絡をされていると思います。

電話のやり取りなので、相手が不在でつかまらない、つながっても相手の予定やこちらの都合もあり、実際のアポイントから成約までに時間やプロセスがかかってしまう、電話だと伝えきれない内容がある、もっとスピード感を持って無駄なく成約まで進めたい、こんな悩みはありませんか。

私もかつてはそうでした。

私は、化粧品会社で20年以上営業職をしております。
老舗の自然派化粧品の営業担当で、担当エリアは関東全域です。

既存の代理店へ定期訪問し、新商品の提案や売上アップのイベント企画、展示会の出展、クレーム対応などを行う傍ら、常にアンテナを張って新規販路開拓など、関東エリアで忙しく飛び回る日々でした。

100年以上続く老舗の会社ということもあり、連絡手段は基本的に電話連絡で、直接訪問をしていました。メール連絡もありましたが、メールだけでは要件が終わらないことがほとんどでした。

お客様と何度も顔を合わせて、時には雑談を交わし、相手との信頼関係を築くことが何よりも大事だと先輩から教えられ、後輩にも同じように教えてきました。
お客様の予定と自分の予定をすり合わせ、長距離移動が必要なら交通手段を調べ、チケットなどを手配し、宿泊が必要なら最寄りのホテルを予約します。

商談前には、事前に資料を人数分コピーして持参します。

電話連絡は、担当者が不在だとこちらから掛け直しますが、多忙なタスクに埋もれてしまい、なかなかアポイントが確定しないことも度々ありました。
ああ、あの人とのアポイントがまだ確定していないなと、常に頭の片隅で完了していないタスクがあったように思います。

大事な商談も、大人数だと全員の予定を合わせるのが大変で、このような商談の前後の雑務に時間を取られて、営業活動に充てる時間が少なくなっているのが目下の悩みでした。

ミートイン(meet in)を営業に使って変わったこと

ところが最近、「ミートイン(meet in)」を知ったのです。
基本的には普段使っているチャットやテレビ電話に似ています。異なる点は、会議や商談に便利な機能がついていて、より簡単にメンバーとオンラインで会議ができることです。

接続ナンバーはなく、URLを送りクリックしてもらうだけの簡単な接続方法なので、コミュニケーションを取らずに接続ができます。
複数拠点同士でのコミュニケーションが取れること、そのまま音声が出るため電話機やヘッドセットが不要など、従来のオンラインミーティングと比較して多数のメリットがあります。

担当者が移動して、一つの場所に集まる必要がないため、お互いに経費と時間が削減が可能になります。
また、従来のテレビ電話とは違い、営業活動に必要な資料・画面の共有や契約書捺印、名刺交換の機能が揃っています。

時間を決めればオンラインで顔を合わせて話すことができますし、今まで人数分コピーしていた資料もデータで共有できて、必要な分だけ個々で印刷が可能です。
契約書の捺印などの事務手続きもスピーディにできるため、成約率向上に繋がります。

ミートイン(meet in)を導入したいなら、株式会社meet inに依頼を!

それは、今まで自分が純粋な営業活動以外の雑務に、いかに時間を取られていたかを知ったことです。
今まで電話やメールで連絡して、直接訪問するのが当たり前でしたが、その時間が減り、営業活動に集中することができるようになったことが一番のメリットでした。

meet in用のURLを共有するだけで接続が始まり、アプリのダウンロードやログイン、固定回線は不要なのでお客様にも負担をかけることはありません。
こうして自分の本来集中すべき仕事に集中できたことで、関東だけを任されていたエリアをさらに広げることができました。

北海道でも沖縄でも、「ミートイン(meet in)」がつながる環境があればオンラインで商談ができるのです。会社全体の商圏の拡大にも繋がりました。
気軽に連絡を取れる環境になったことで、商談回数が増えました。

コミュニケーションの場が増えたことで、お客様との間で化粧品販売に関する新しいアイディアが生まれるようになっています。

まとめ

この記事では、化粧品会社の営業の私が、営業活動のツールに「ミートイン(meet in)」を取り入れたことで、アポイントに関わっていた時間が大幅に減らすことができ、そこから生まれた時間で商圏の拡大にまでつながったという体験談をお伝えしました。

時間は限られています。1本の営業電話を無駄にすることなく確実に成約につなげるための有効なツールとして、ぜひ、「ミートイン(meet in)」をお試しください。